トピックス

【詳報】広島県で14人感染、広島市や福山市 19日の新型コロナ

2021/7/19 18:51

広島県庁

 広島県内で19日、新たに14人の新型コロナウイルス感染が発表された。2桁は6日連続。1週間前の12日(9人)と比べて1・6倍に増え、前週の同じ曜日を6日連続で上回った。居住地別は広島市9人、福山市3人、三原市と大竹市各1人で、軽症が11人、無症状が3人という。

 広島市の9人の年代別は40代が3人、10代が2人、10歳未満、20代、50代、60代が各1人。症状別は軽症7人、無症状2人という。

 市内の直近1週間の新規感染者数(人口10万人当たり)は4・4人で、県独自の警戒基準値の4・0人を上回っている。

 呉市の発表は4日連続でゼロだった。

 福山市の3人のうち20代女性と30代男性会社員の2人が軽症で、20代男性1人が無症状という。

 三原市と大竹市の各1人は県が発表した。三原市は30代、大竹市は40代で、いずれも軽症。1人はホテルで療養中、もう1人は入院や宿泊療養を調整中としている。

 併せて福山市は、16〜19日に発表した感染者21人のうち8人が、市中心部の商店街などで10日にあった夜店に立ち寄っていたと明らかにした。感染経路は現時点では特定できていないという。

【関連記事】
広島県で17人感染、18日の新型コロナ 2桁は5日連続

【グラフでみる】広島市中心部の人出の状況

【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧