地域ニュース

呉の旧豊中にグランピング場 温泉源を活用、8月上旬開業目指す

2021/7/19 21:43
旧豊中の跡地に建設されているグランピング場のドーム型テント

旧豊中の跡地に建設されているグランピング場のドーム型テント

 呉市豊町の大崎下島にある旧豊中の跡地で、手ぶらで快適、豪華なキャンプを楽しめる「グランピング」場の整備が民間企業によって進められている。合併前の旧豊町が掘削した後、長年放置されていた温泉源も活用する。8月上旬のオープンを目指す。

 住宅・ビル建築のドヒハウス(同市本町)が、3月に市から約3100万円で購入した跡地南側の約7800平方メートルに建設中。直径7メートルのドーム型テントがある6区画と、ペットと一緒に利用できる6区画の計12区画をつくる。

 いずれも1区画250平方メートル以上あり、トイレや冷蔵庫、露天風呂などを備える。1区画2人以上で利用でき、利用料は1人9千円台からの見通し。
(ここまで 301文字/記事全文 727文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧