地域ニュース

手縫いで刻む平和の校歌 広島市立商高生が創立100年記念タペストリー

2021/7/19 21:43
創立100年を記念し、生徒が校歌の歌詞を縫い込んで作ったタペストリー

創立100年を記念し、生徒が校歌の歌詞を縫い込んで作ったタペストリー

 広島市立広島商業高(東区)の創立100年を記念し、3年生240人が校歌の歌詞をあしらった手縫いのタペストリーを作った。同校によると、76年前の原爆投下により、建物疎開作業に動員された生徒194人たちを含め、計約250人が犠牲になった。戦後、平和への願いを込めて作られた校歌の歌詞を今の生徒一人一人が縫い込み、あらためて胸に刻んだ。

 ▽歌詞を縫い、花びら配して…
(ここまで 181文字/記事全文 670文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧