地域ニュース

ワクチン接種率、広島市最低21・87% 県内23市町1回目、最高は大崎上島町62・75%

2021/7/19 22:55

 新型コロナウイルスの12歳以上のワクチン接種で、広島県は19日、県内の全23市町の接種状況(医療従事者を除く)を公表した。昨年1月1日時点の全人口に占める接種者の割合(接種率)は、1回目で最低が広島市の21・87%、最高が大崎上島町の62・75%で、2・9倍の開きがあった。

 県が市町別の接種率を公表したのは初めて。「今月末までの高齢者の接種完了が見えてきた中、全体を示す必要があると考え、市町と調整した」と説明した。今後も公表する予定だが、時期は未定としている。

 ▽広島市の次に低いのは福山市
(ここまで 248文字/記事全文 655文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧