地域ニュース

「行かない」「呼ばない」「検査」 4連休へ広島知事呼び掛け、コロナ感染増加傾向

2021/7/21 10:24

 広島県で、新型コロナウイルスの新規感染者数が増加傾向に転じている。20日は15人で、7日連続で前週の同じ曜日を上回った。県はこれまでの実績から、東京都や大阪府との往来が活発になれば県内でも感染が広がると分析。湯崎英彦知事は22〜25日の4連休や夏休みには、感染拡大地域との往来を最大限自粛するよう重ねて訴えている。

 県によると、県内の感染状況は、県が11日に集中対策を終えたころから増加の兆しが見え始めた。12日以降の新規感染者数は、13日を除いて前週の同じ曜日より多い。20日は、13日(5人)の3倍となった。
(ここまで 257文字/記事全文 732文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧

  • 1896年製の水道管出土 サカスタ遺構「創設期伝える」

     サッカースタジアム建設予定地の中央公園広場(広島市中区)の発掘調査で見つかった旧陸軍の輸送部隊「中国軍管区輜重(しちょう)兵補充隊(輜重隊)」施設の遺構で、製造年が「1896」と刻印された近代水道管...

  • 芸備線の魅力、沿線特産で 広島でフェア、純米酒など200品

     JR芸備線沿線の庄原、三次、安芸高田の3市の特産品を集めて販売する「がんばれ芸備線フェア」が21日、広島市中区本通のひろしま夢ぷらざで始まった。利用が低迷する鉄路の魅力を再発見してもらおうと、夢ぷら...

  • ふわふわ動物、園児に大人気 三原で移動牧場【動画】

     三原市沼田西町のあやめが丘こども園の園児が21日、同園で動物との触れ合い体験をした。同じ法人が運営する同市明神のなかよし保育園の園児と計約100人が、動物の愛くるしい姿に歓声を上げた。

  • 待ってた夏休み 広島市立小中で最後の授業

     広島市立の多くの小中学校で21日、夏休み前の最後の授業があった。 480人が通う安小(安佐南区)はこの日朝、山下重史校長が校内放送で「新型コロナウイルスと熱中症の対策を心掛けて」と各教室の児童に呼び...

  • 集団接種、一部前倒し 広島市、予約24日から

     新型コロナウイルスのワクチン接種で、広島市は21日、一般(12〜64歳)の集団接種を大規模会場2カ所に限って前倒しし、24日から予約を受け付けると発表した。現在は優先接種の対象者に限っているが、2カ...