地域ニュース

東京五輪のPVなく「静援」、広島県内も スポーツバーは対応苦慮

2021/7/22 21:10
新型コロナウイルス対策のアクリル板を拭き、店の準備をする内藤店長(撮影・山田太一)

新型コロナウイルス対策のアクリル板を拭き、店の準備をする内藤店長(撮影・山田太一)

 新型コロナウイルス禍の中で23日に開会式がある東京五輪。政府は自宅での「ステイホーム五輪」を呼び掛けており、広島県内で大規模会場でのパブリックビューイング(PV)は予定されていない。出場選手の関係者たちは思うような応援ができず、困惑する。PV設備を備えるスポーツバーは感染予防策を講じた上で営業するが、客が来るのかどうか気をもんでいる。
(ここまで 169文字/記事全文 764文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧