地域ニュース

原爆碑、北海道にも岩手にも 広島大生、全国調べ356基把握

2021/7/24 7:22
地図などを見せながら調査報告する学生と熊原准教授(左端)

地図などを見せながら調査報告する学生と熊原准教授(左端)

 広島大(東広島市)教育学部社会系コースの学生が、全国にある広島と長崎の原爆にまつわる碑の場所や特徴を調査している。これまでに356基を把握した。今後は分布地図を作り、平和教育などに活用してもらうことを目指す。
(ここまで 105文字/記事全文 705文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧

  • 絵重ね、繊細立体アート 三次市甲奴でシャドーボックス展

     切り抜いた厚紙を何枚も重ねて立体感を出すアート「シャドーボックス」の作品展が、三次市甲奴町本郷のレストラン「あみん」で開かれている。8月1日まで。

  • 絵画でガードレール「一新」 周南の児童ら、動物や花描く

     さびなどで汚れたガードレールにデザインを施す取り組みが、周南市学園台の徳山高専前の市道であった。同校の学生や地元の小学生たち約30人が手掛けたユニークな絵が24日完成し、道端が一新された。

  • 平和願い鐘鳴らす 山口の興隆寺

     平和を願い、身近な文化財を大切にする思いを込めて釣り鐘を鳴らす催しが22日、山口市大内氷上の興隆寺であった。厳かな鐘の音に、戦争のない世界の実現や新型コロナウイルスの収束を託した。

  • 高川や常盤が4強 山口で県中学サッカー

     山口県中学校サッカー選手権(県中体連、県サッカー協会など主催)は24日、山口市阿知須の山口きらら博記念公園で準々決勝4試合があった。高川学園(防府市)や常盤(宇部市)が4強に進んだ。

  • 山口豪雨、ずっと記憶 防府で被災の特養が慰霊祭

     2009年7月21日の山口豪雨災害で関連死を含め入所者12人が亡くなった防府市の特別養護老人ホーム「ライフケア高砂」。運営する同名の社会福祉法人は、同市上右田に建て直した現在の施設で今月21日、慰霊...