• トップ >
  • トピックス >
  • 22歳堀米雄斗が金メダル スケートボード男子ストリート初代王者

トピックス

22歳堀米雄斗が金メダル スケートボード男子ストリート初代王者

2021/7/25 13:42

男子ストリート決勝で演技する堀米雄斗。金メダルを獲得した(有明アーバンスポーツパーク)

 東京五輪第3日の25日、スケートボード男子ストリートで、堀米雄斗(22)=XFLAG=が金メダルを獲得した。国際オリンピック委員会(IOC)が若年層の人気拡大を狙って初採用したアーバンスポーツ全体の初代王者となった。今大会の日本選手団の「金」は3個目。

東京五輪 郷土勢の話題

速報・ニュース 東京五輪特集

 堀米は力を温存した予選は6位だったが、決勝は本領を発揮して難技を連発。五輪予選ランキング1位のナイジャ・ヒューストン(米国)らライバルを上回る高得点で栄冠を手にした。

 会場の有明アーバンスポーツパークがある東京都江東区出身。2018年に世界最高峰のストリートリーグで日本勢初優勝を含む3戦3勝し、一気に注目を集めた。今年6月に世界選手権を初めて制し、金メダル候補として今大会に臨んだ。

<東京五輪7月25日のメダル>
貧血に苦しんだ大橋悠依、負けじ魂で「金」 東京五輪女子400個人メドレー

22歳堀米雄斗が金メダル スケートボード男子ストリート初代王者


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧