• トップ >
  • トピックス >
  • 「黒い雨」訴訟の原告ら「ようやく報われた」 首相の上告断念表明受け

トピックス

「黒い雨」訴訟の原告ら「ようやく報われた」 首相の上告断念表明受け

2021/7/26 17:25

 広島への原爆投下後に降った放射性物質を含む「黒い雨」を巡り、原告84人(うち14人は死亡)全員を被爆者と認めた広島高裁判決について菅義偉首相が26日、上告を断念すると表明したのを受け、原告団の高野正明団長(83)=広島市佐伯区=は「非常にありがたい。うれしい。ずっと闘ってきて、ようやく報われた」と喜んだ。

 弁護団の橋本貴司弁護士は「ひとまず良かった。ただ、この日までに亡くなった原告もいる。政府は、もっと早く決断するべきだった」と話した。

 高野団長たち原告団や弁護団のメンバーはこの日午前、上告断念を求めるインターネット署名を広島市や広島県に提出した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧