• トップ >
  • >
  • サカスタ広場の設計・整備、複数名乗り 「にぎわい施設」事業者公募

トピックス

サカスタ広場の設計・整備、複数名乗り 「にぎわい施設」事業者公募

2021/7/26 22:42

大成建設中国支店などのJVが作ったサッカースタジアムの外観イメージ(広島市提供)

 ▽広島市、優先交渉者選定へ

 広島市が中区の中央公園広場で進めるサッカースタジアムの建設計画で、市はスタジアムの東西に設ける「広場エリア」の設計と整備を担う事業者を公募で選ぶ手続きを進めている。飲食や物販などの「にぎわい施設」を自己資金で整備運営し、スタジアム本体の集客を除いて年間166万人の利用を目指すのを条件としており、優先的に交渉する相手を8月に選ぶ。
 
 【広島再開発マップ】はこちら
 【特集】欧州から学ぶ サカスタの姿

 広場エリアは東側と西側の2カ所に分かれており、8・5ヘクタールの中央公園広場の3分の2程度を占める。公募で選ばれた事業者は、周辺の植栽や園路をはじめ、屋外トイレや案内板などの関連設備を整える。完成は2024年7月を見込む。

 市は広場エリアの設計と整備で、事業費の上限を3億円とした。民間のノウハウなどを活用する「パークPFI」方式を採用し、事業費の1割(3千万円)以上を事業者に出してもらう。残りは市と国が折半で負担すると計画する。

 加えて事業者は、豊かな水や緑を生かした飲食・物販施設の整備と運営▽県内外から人が訪れるイベントの企画―などを自ら担う。市はスタジアムで、本拠地とするJ1サンフレッチェ広島の試合などがない日の活用を課題の一つとみており、事業者に年間を通じて集客力を高めてもらう。

 市によると、事業に意欲のある事業者を6月上旬に募集したところ、複数が応じたという。今月26〜28日に受け付けた提案を、8月に開く市審議会で採点してもらう。市スタジアム建設部は「年間を通じて幅広い世代の県民や市民、観光客が楽しめる都会のオアシスとなる拠点にしたい」と説明している。(新山創)

 ▽JV、年310万人目標 本体や広場集客
(ここまで 728文字/記事全文 1499文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事