地域ニュース

手描きこいのぼり手掛けた大竹の大石さん、伝統守った55年つづる

2021/7/27 13:59
大石さんが出版した「手すき和紙手描き鯉のぼり」。自身の歩みを振り返り、カラー写真も盛り込んだ

大石さんが出版した「手すき和紙手描き鯉のぼり」。自身の歩みを振り返り、カラー写真も盛り込んだ

 大竹市元町の大石雅子(のりこ)さん(88)が、市内の手すき和紙による手描きこいのぼりの伝統を守り抜いた55年間の歩みを振り返った本を自費出版した。大竹和紙の存続に心血を注いだ夫の思いを継ぎ、「伝統は形だけではない。伝えたい心がないといけない」と心境をつづっている。
(ここまで 133文字/記事全文 861文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 手描きこいのぼりを仕上げる、2008年当時の大石さん
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧