地域ニュース

薬用作物、生育の過程検証 三次市、試験栽培地3カ所追加

2021/7/27 20:59
カノコソウの生育状況について意見を交わす辻田さん(中)と市の担当者

カノコソウの生育状況について意見を交わす辻田さん(中)と市の担当者

 薬用作物の産地化を目指している三次市が、試験栽培の地域に市北部と南部の計3カ所を加えて生育の過程を検証している。一部は今秋に収穫して生薬にできるか分析するとともに、株分けにも取り組む。専門家は、市やJAアグリ三次(同市)の支援体制が整っている点を評価しつつ、栽培から出荷までの流れが確立し、独り立ちするまで10年かかると指摘している。
(ここまで 168文字/記事全文 942文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧