地域ニュース

園生死亡…監禁のコンテナ今も 風の子学園事件30年【動画】

2021/7/28 20:07
2人が閉じ込められ、亡くなったコンテナ(左)と施設の廃虚

2人が閉じ込められ、亡くなったコンテナ(左)と施設の廃虚

 三原市鷺浦町の離島、小佐木島にあった民間施設「風の子学園」で園生だった10代の少年少女2人が監禁され死亡した事件は今月、30年を迎える。2人が閉じ込められ、命を落としたコンテナは今も海水浴場近くに放置されたまま。島民は「事件を思い出す。見るのもつらい」と市に撤去の協力を求める要望書を提出。署名活動も始めている。

 事件は1991年7月29日深夜、当時の園長男性の119番で発覚。たばこを吸った罰としてコンテナに閉じ込められた少女=当時(16)=と少年=同(14)=がぐったりした状態で見つかり、翌30日に死亡が確認された。男性は監禁致死罪などで懲役5年の判決を受けた。県内外から子どもを集めていた「矯正」施設での事件は社会問題になった。

 ▽地元に今も深い傷…
(ここまで 318文字/記事全文 820文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 「自分たちが生きている間にけじめをつけたい」と訴える岡本さん
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧