トピックス

鳥取県の平井知事が全国知事会長選へ

2021/7/29 23:04

記者会見する平井知事

 鳥取県の平井伸治知事(59)は29日、任期満了に伴う全国知事会の会長選の候補者となる意向を表明した。知事会の新型コロナウイルス対策本部長代行を務めるなど対策の中枢を担う平井知事を推薦する動きが出ており、「47知事が一致結束して新型コロナを乗り越える力になれるなら、推薦を受諾する」と述べた。

 記者会見で平井知事は「昨日(28日)の全国の感染状況を見て覚悟を決めた。感染に歯止めをかけ、医療崩壊を防がなければならない」と説明。「乗り越えた後の新しい日本を提案し、リードする」と述べた。

 会長選は8月30日。同16日まで候補者の推薦を受け付け、知事5人以上から推薦されると候補者となる。任期は9月3日から2年。飯泉嘉門会長(徳島県知事)は勇退する意向。平井知事によると仲間の知事が動いており、5人以上の推薦が集まる見通しという。

 平井知事は2007年の鳥取県知事選で初当選し、現在4期目。中国地方では岡山県知事だった故長野士郎氏が1995年から1年半、会長を務めている。(小畑浩) 


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧