地域ニュース

被爆電車ミニカーで再現 広島電鉄、8月1日に5千個限定発売

2021/7/30 11:18
76年前の色を再現した被爆電車のミニカー

76年前の色を再現した被爆電車のミニカー

 車体下は薄い紺色、上は灰色。広島電鉄(広島市中区)は被爆当時の路面電車の色を再現したミニカー「被爆電車653号トミカ」を8月1日に5千個限定で発売する。

 1942年製造の653号は2006年に営業運転から引退。今は8月に貸し切り電車として市内を走る。被爆電車のミニカーはタカラトミー(東京)が18年に発売した651号に続く2種類目。広電は「平和について考えるきっかけにしてほしい」とする。

 650円。広電の営業センターや平和記念公園のレストハウス(中区)、広島県アンテナショップTAU(タウ、東京)で扱う。広島電鉄電車・バステレホンセンターTel0570(550)700(平日午前9時〜午後5時45分)(松本真由子)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧