地域ニュース

うまもん 屋敷と漬物、重ねる伝統【守るつなぐ 岩国城下町 第3部 重文景を訪ねて<2>】

2021/7/30 21:44
大正期の大改築で3階に「望楼」を備えるうまもん

大正期の大改築で3階に「望楼」を備えるうまもん

 七つの井戸から湧き出る清流錦川の伏流水を容器いっぱいにため、白菜を丹念に洗う。江戸期のにぎわいの中心「岩国七町」にある漬物店うまもん(岩国市岩国)。この道40年の従業員たちが包丁で白菜に切れ目を入れ、切り口に塩を塗って手際よく漬け込んでいく。
(ここまで 122文字/記事全文 470文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 錦川の伏流水で白菜を洗う従業員(撮影・山下悟史)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧