地域ニュース

最後の授業、さあ夏休み 広島県内公立小中(2020年8月7日掲載)

2020/8/7 21:19
夏休み前の最後の授業で、林教諭の呼び掛けに元気よく手を挙げる竹屋小の児童

夏休み前の最後の授業で、林教諭の呼び掛けに元気よく手を挙げる竹屋小の児童

 広島県内の多くの公立小中学校で7日、夏休み前の最後の授業があった。この日は暦の上では秋が始まる立秋。新型コロナウイルス感染拡大による春先の臨時休校の影響で、例年より遅く、短い夏休みに入る。

 広島市中区の竹屋小ではこの日朝、堀井俊宏校長(55)が校内放送で「夏休みは少し短めですが、楽しく有意義に過ごしてください」と各教室の児童に呼び掛けた。例年、体育館で開いていた全校集会は密集を避けるため取りやめた。
(ここまで 202文字/記事全文 438文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧