地域ニュース

「おろち号」継続探る 沿線自治体、JRと検討会

2021/8/4 22:51

 JR西日本が2023年度で運行を終了すると発表した木次線(松江市―庄原市)のトロッコ列車「奥出雲おろち号」について、沿線自治体とJRで運行継続の可能性などを探る木次線観光列車運行検討会の初会合が4日、松江市内であった。JR側が、車両の老朽化に伴い安全運行を維持できないと判断した経緯を改めて説明した。
(ここまで 151文字/記事全文 490文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧