• トップ >
  • トピックス >
  • 台風9号 益田で1人不明、広島で2人重軽傷 隠岐で線状降水帯

トピックス

台風9号 益田で1人不明、広島で2人重軽傷 隠岐で線状降水帯

2021/8/9 12:52

台風9号の強風でJR可部線の線路内に飛ばされたとみられる資材置き場の屋根(広島市安佐南区緑井)

 広島地方気象台によると、台風9号は9日午前5時すぎに呉市付近へ上陸した後、中国地方を北北東に進み、午前9時に岡山県で温帯低気圧に変わった。正午現在、川に転落した益田市の男性1人が行方不明になっている。ほかに広島市で2人がけがをした。

 気象台は10時39分、島根県隠岐地方で線状降水帯が発生し、同じ場所で非常に激しい雨が降り続いているとして、「顕著な大雨に関する情報」を出した。中国地方全域で、土砂災害や浸水害、川の増水や氾濫、高潮、暴風、高波に、引き続き厳重に注意するよう呼びかけている。

 島根県警によると、行方不明になっている男性は益田市向横田町の団体職員(46)。午前6時50分ごろ、益田市神田町の三星橋近くの高津川で、台風9号による増水の影響で転覆した川船を岸に寄せようとしていて転落し、川に流されたという。

 広島市危機管理課によると、けがをした2人のうち安佐南区の40代男性1人が重傷。プラスチック製のパレット(縦横各1メートル超)が胸に当たり、血気胸になった。中区の70代女性1人は軽傷で、自転車に乗っている時に風にあおられて転倒し、骨折した。ほかに安佐北区で、複数の住宅が床下浸水したとしている。

 広島県危機管理課によると、広島市以外では人や建物の被害の情報は入っていないという。

 気象台によると、8日の降り始めから9日午前11時までの降水量は、島根県海士町で291・0ミリ、広島県北広島町八幡で259・0ミリなど。広島、山口、島根3県の観測地点のうち22地点で、12時間雨量が過去最多か8月の最多となっている。

 広島県北広島町は午前5時27分、志路原川の春木観測所で越水の恐れがあるなどとして、千代田地域の14地区(計4033世帯、8484人)に「レベル5」の緊急安全確保の情報を出した。その後、現場で越水に至っていないと確認できたなどとして、9時21分に「レベル4」の避難指示に変更した。町によると、木や電柱が倒れた、田畑などの斜面が崩れたなどの情報が寄せられているという。

 ほかに広島市や浜田市の一部など広島、島根両県の各地で、避難指示や「レベル3」の高齢者等避難が出た。

【台風9号 関連記事】

広島県知事、なお危険と避難呼び掛け

川船戻そうと…46歳男性流され不明 益田

台風で男女2人が重軽傷 広島市 安佐北区で住宅複数が床下浸水

国道54号の飯南―雲南20キロ全面通行止め

江の川下流、氾濫危険水位到達の見込み

強風でJR可部線にトタン屋根落下

倒木で運行再開見送り、JR山陽線の西条―瀬野

強風で飛来か、三原駅の新幹線線路に落下物 1600人に影響

北広島町の緊急安全確保、避難指示に変更

安佐動物公園やファミリープール臨時休園



この記事の写真

  • JR可部線に飛ばされたとみられる屋根

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧