地域ニュース

巨大な鉄骨屋根、広電宮島口駅の新駅舎心待ち 周辺商店主ら相乗効果狙う

2021/8/9 21:31
鉄骨の屋根が現れた広島電鉄宮島口駅の新駅舎。現在は網で覆われている(7月16日)

鉄骨の屋根が現れた広島電鉄宮島口駅の新駅舎。現在は網で覆われている(7月16日)

 廿日市市宮島口のフェリー旅客ターミナルそばに、巨大な鉄骨屋根の建物が姿を現した。2022年6月の開業を目指す広島電鉄宮島口駅の新駅舎だ。新型コロナウイルス禍の中で激減した観光客の回復に向け、周辺の商店主たちは宮島口の新たなシンボルの完成に期待を寄せる。
(ここまで 127文字/記事全文 677文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧