地域ニュース

広島本大賞に写真集「AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争」

2021/8/9 22:59
庭田杏珠さん

庭田杏珠さん

 広島県内の書店員らでつくる広島本大賞実行委員会は9日、第11回広島本大賞に写真集「AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争」(光文社)を選んだ。広島市東区出身の東京大2年庭田杏珠さん(19)と同大大学院の渡邉英徳教授(46)の共著。被爆前の広島の人々の暮らしぶりなどを色鮮やかに再現している。
 
 戦前から終戦直後にかけてのモノクロ写真355枚を人工知能(AI)技術でカラー化し、収録した。資料や証言を基に手作業でも着色し、爆心直下の旧中島地区の日常などを写し出す。庭田さんは「時が止まった過去の写真が、温かみを帯びて動き出すよう。今と変わらない穏やかな暮らしがあったことを感じてほしい」と話す。

 実行委は、2019年11月〜21年3月刊行の広島ゆかりの本を対象に、候補11作品から選んだ。選考理由について、「最新技術で当時の様子を鮮明に浮かび上がらせた。意義のある研究成果でもあり、広島出身の学生が携わっていることは誇らしい」としている。授賞式は10月以降を予定している。(鈴中直美)

 広島本大賞受賞の庭田さんに聞く

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧