トピックス

広島大助教が差別的投稿 学生団体が解雇求める署名活動

2021/8/10 22:18

 広島大大学院の伊藤隆太特任助教(国際政治学)がツイッターで「道徳的に劣っている中国人をまともに相手にする必要はない」などと差別的な投稿をしていたことが10日、分かった。差別問題に取り組む学生団体は広島大などに対し、伊藤氏の解雇を求める署名活動を始めた。

 伊藤氏は投稿を削除した上で同日、中国新聞の取材に「配慮が足りなかったことについて真摯(しんし)に反省している。傷つけられた方々には心からおわびしたい」と謝罪した。

 投稿は7月30日に書き込まれた。「心の中で冷たく軽蔑して後はドライに無視すればよい。やられたからと言って報復するのは(中略)、同じ低いレベルに落ちるということなのでやめよう」などと記述。東京五輪での日本人選手の判定を巡り、中国の会員制交流サイト(SNS)で不満が噴出したことを報じる記事に関連し、投稿された。

 学生団体「Moving Beyond Hate」は、伊藤氏はこれまでも人種や性による差別発言があると問題視。専用サイトで、伊藤氏が教える複数の大学に対して解雇と再発防止を求める署名を募り、既に1400件以上が集まったという。代表の東京大3年トミー長谷川さん(21)は「個人にとどまらない問題。教育機関として適正に対処し、二度と繰り返してほしくない」と話した。

 広島大は、問題を受けて伊藤氏を指導した。同大の永山博之法学部長は「私的なツイートとはいえ、不適切な内容。今後このようなことがないように措置を取る」としている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧