地域ニュース

希少生物への影響を懸念 竹原LNG火電計画で研究者が意見書

2021/8/12 8:01

 竹原市内で計画が進んでいる液化天然ガス(LNG)火力発電所とLNG貯蔵施設について、国内外の海洋生物研究者が、事業を進めるJBGエナジー(東京)などに意見書を送っていたことが11日、分かった。建設予定地が希少生物の生息する「ハチの干潟」に近いため、影響を与える可能性を指摘している。
(ここまで 142文字/記事全文 652文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧