トピックス

広島県安芸高田市の県道で土砂崩れ、通行不能

2021/8/13 13:43

安芸高田市の八千代湖沿いを走る県道319号。土砂が流れ込み通行できなくなっている(会社員男性提供)

 大雨に見舞われた広島県安芸高田市で13日、土師ダム近くに住む会社員男性(30)が午前に撮影した。八千代湖の東側を走る県道319号。土砂が崩れ、通行不能になっている。

 男性は警察と市役所に通報。土砂撤去を待っているが、八千代湖周辺では土砂崩れが十数カ所あるとの情報もあり、めどはたっていないという。男性自宅からは道路が寸断され、孤立状態にある。ガスや水道は無事。時々停電がある。荒天情報を受けて備えていたが、これが数日続くと食料がなくなってしまうという。(奥田美奈子)


この記事の写真

  • 安芸高田市の八千代湖沿いを走る県道319号。土砂が流れ込み通行できなくなっている(会社員男性提供)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧

  • 中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数 (10/22)

     中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況【グラフ】山口県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況【グラフ】岡山県の新型コロナウイルス感染者...

  • 広島市、投書者の勤務先に情報漏えい 勤務外された男性、告訴検討 (10/22)

     広島市が、市役所での新型コロナウイルス対策の改善を求めて市に投書した男性(61)の情報を勤務先の会社に漏らしていたことが分かった。市は情報漏えいを認めて男性に謝罪。男性は職場で不利益を受けたと訴えて...

  • 30年度に再生エネ倍増 基本計画閣議決定、原発20〜22%を維持 (10/22)

     政府は22日、中長期的な政策指針「エネルギー基本計画」を約3年ぶりに改定し閣議決定した。第6次となる今計画は2050年の脱炭素化達成の道筋を示すもので、再生可能エネルギーを最優先で導入する方針を明記...

  • 原発の「地元」 新増設記載なしに意見交錯 (10/22)

     22日に閣議決定した国のエネルギー基本計画は再び原発の新増設を記載しなかった。中国電力が新設を計画する山口県上関町では、推進派は新増設の議論を深めるよう求め、反対派は「当然」と受け止めた。ただ、原発...

  • 特殊詐欺4833万円被害、サイト利用料未払いなどかたる 竹原 (10/22)

     竹原署は22日、サイトの利用料未払いなどをうたう特殊詐欺で、竹原市の60代会社員男性が4833万円をだまし取られたと発表した。【関連】「個人情報漏れている…」70代女性が1379万円被害【関連】「還...