トピックス

西日本豪雨と酷似 安芸高田で激しい雨が複数襲来

2021/8/13 22:08

 前線の影響で大雨が続く中国地方。今回の気象状況は広島、岡山両県を中心に大きな被害が出た2018年7月の西日本豪雨との類似点が多い。降り始めから13日午後5時までの総降水量が広島県内で最多となった安芸高田市甲田町では、西日本豪雨の際と同じく激しい雨が複数回にわたって襲来。いつどこで、大規模な災害が起きてもおかしくない状況になっている。

 【大雨の記事一覧】

 広島地方気象台は同日午前の記者会見で「西日本豪雨の時と状況は酷似している」と警戒感を強めた。西日本豪雨では、広島県で災害関連死を含めて全国最多の151人が犠牲となった。台風が日本付近を通過後、前線が停滞。線状降水帯が発生し、県内各地で土砂崩れや河川の氾濫が相次いで被害が広がった。

 今回の大雨も、9日に台風9号が通過した後、西日本に前線が停滞。13日には広島県で線状降水帯の発生が確認され、非常に激しい雨が降った。安芸高田市甲田町では3時間降水量が125・5ミリに達し、観測史上最多となった。

 気象庁のデータを分析すると、西日本豪雨の際の18年7月5〜6日、安芸高田市甲田町で1時間ごとの降水量が30ミリ以上となったのは2回。今回の大雨では12日から13日夕までに30ミリ以上の雨が3回あり、うち1回は50ミリ以上に達した。大雨と小康状態を繰り返す状況も似ている。

 中国地方では今後、雨が降ったりやんだりを繰り返し、降水量はさらに増えるとみられる。同気象台は「再び線状降水帯が発生する可能性もある。厳重に警戒を」と呼び掛けている。(浜村満大)



  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧