地域ニュース

パラ採火、備後でも 大雨などの影響で式典縮小や中止

2021/8/13 22:08
世羅町の丹生神社境内で火おこしする子どもたち

世羅町の丹生神社境内で火おこしする子どもたち

 東京パラリンピックの聖火リレーに向けた採火が備後地方でも始まり、13日は福山市と広島県世羅、神石高原町であった。大雨や新型コロナウイルス感染拡大の影響で、採火式は多くが縮小や中止となっている。
(ここまで 97文字/記事全文 664文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • メッセージを火種にした火をランタンに移す福山市職員
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧

  • 山口県内感染、ステージ3に 知事、外出半減呼び掛け

     山口県の村岡嗣政知事は13日の新型コロナウイルス対策会議で、感染力の強いデルタ株の影響で県内の状況が感染指標のステージ3(急増)に移行したと発表した。今月末までを集中対策期間とし、県が発行するプレミ...

  • 70年の技、鵜飼い遊覧船完成 岩国の木造船大工・橋本さん

     岩国市黒磯町の木造船専門の船大工橋本敏夫さん(89)が、4月から造っていた錦帯橋観光の遊覧船が完成した。この道70年の技術を詰めた。船舶検査を経て、今秋にも錦川の情緒豊かな水上散策に就航する予定。

  • お盆入り、花供え先祖思う 広島市内

     お盆入りの13日、広島市内の寺や墓地には、線香や花を手にした家族連れが訪れた。一時、市内に大雨特別警報が発表されるなど不安定な空模様の中、先祖に思いをはせた。

  • 矢掛の野菜「美味」 伊・五輪キャンプ地に町が提供

     東京五輪・パラリンピックでイタリアの「ホストタウン」を務める岡山県矢掛町に、五輪の事前キャンプで日本に滞在中、同町での収穫野菜の提供を受けたイタリア代表選手たちから、感謝を伝える写真や動画が届いた。...

  • 府中市、移住のオンライン相談開始 コロナで需要増

     府中市は、移住相談員を新たに採用し、オンラインでの相談を始めた。新型コロナウイルス禍による地方移住への関心の高まりを受けた対応。移住希望者が市役所窓口を訪問しなくても相談が受けられる。