地域ニュース

「デルタ株」への置き換わり急激に進む 広島県内

2021/8/14 0:24

 新型コロナウイルスの従来株から感染力が強い「デルタ株」への置き換わりが、広島県内でも急速に進んでいる。県は13日、デルタ株が疑われる「L452R変異株」の抽出検査の結果を公表。1〜11日では、感染者に占める割合が57・2%だった。7月から急激に上昇しており、専門家は「さらに比率が高まり、感染者が増える恐れがある」と警鐘を鳴らしている。
(ここまで 169文字/記事全文 638文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧