トピックス

72時間の雨量、西日本豪雨を超えた地域も

2021/8/14 13:44

水かさが増して漬かった太田川河川敷のグラウンドゴルフ場(広島市安佐南区、14日午前9時10分、撮影・広田恭祥)

 活発化した前線の影響で広島県を中心に大雨となっている中国地方。県内で災害関連死を含めて全国最多の151人が亡くなった2018年7月の西日本豪雨の時の雨量を既に超えた地域もある。最大級の警戒が求められる。

中国地方の河川のライブ映像

 気象庁によると、14日午後0時半までの72時間雨量は広島市安佐北区三入431・0ミリ▽北広島町都志見402・5ミリ▽広島市佐伯区湯来町381・0ミリ▽安芸高田市美土里町379・5ミリ。いずれの地点も観測史上最多となり、西日本豪雨を超える記録的な大雨となっている。

 中国地方では15日にかけて断続的に激しい雨が降り、来週にかけてさらに降水量が増える見込み。広島県内では既に各地で土砂崩れなどの被害が出ている。

【大雨の記事一覧】

【広島・山口・島根の交通情報はこちら】

気象庁ナウキャスト(雨雲の動き・雷・竜巻)


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧