地域ニュース

冠水や土砂崩れ、復旧急ぐ 安芸高田、避難生活で募る不安

2021/8/16 21:58
大雨で決壊した多治比川近くで、自宅の敷地に入り込んだ土砂をかき出す住民=15日午後1時40分(安芸高田市吉田町吉田)

大雨で決壊した多治比川近くで、自宅の敷地に入り込んだ土砂をかき出す住民=15日午後1時40分(安芸高田市吉田町吉田)

 三次、安芸高田両市で江の川とその支流が氾濫したお盆の大雨の被害が徐々に明らかになってきた。市街地が浸水した安芸高田市吉田町では雨のやみ間に復旧作業が本格化。前線の停滞が続く中で避難所生活が3夜にわたる人もいるなど、住民の不安は募っている。
(ここまで 120文字/記事全文 1186文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 水田や家屋に江の川の水が押し寄せた三次市西酒屋町の船所地区。さらなる大雨による避難に備えて、自家用車を高所に上げていた=15日午前11時9分(画像の一部を修整しています)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧