地域ニュース

広範囲で土砂崩れ・浸水 広島都市圏、未確認の被害さらに

2021/8/16 21:58

 記録的な大雨で、広島市とその周辺の広島都市圏の市町は16日、土砂崩れや浸水による被害の確認を進めた。人的被害は、安佐北区安佐町飯室の鈴張川で車ごと流された行方不明者がいるとの情報があり、そのほかは報告されていない。住宅被害は今後の調査でさらに増える見通しだ。

 広島市の正午現在のまとめによると、市内では住宅計12棟が被災した。西区田方では土砂崩れで住宅2棟が半壊。東区温品▽南区堀越▽安佐南区の山本と長束▽安佐北区安佐町の鈴張と毛木―でも被害が出た。

 市のまとめには入っていないが、西区己斐上では土砂崩れが発生している。

 道路の崩落や陥没は安佐北区の4カ所、佐伯区の1カ所で起きた。安芸区阿戸町では舛越橋の橋脚が沈下し、通れなくなっている。

 北広島町は、住宅48棟で床上・床下浸水を確認した。地域別は千代田30棟▽豊平14棟▽芸北3棟▽大朝1棟。千代田地域にあり、雨水や土砂が流れ込んだ同町本地の明神ハイツでは住宅損壊があり、被害の全体像は調査中としている。

 安芸太田町川手では土砂崩れに伴い電柱が倒れ、一部で電話が不通になるなどした。(明知隼二、与倉康広)

【関連記事】

記録的雨量「厳重警戒を」 中国地方、再び大雨の恐れ

JR在来線、広島エリア終日運休 一部区間除く

住宅被害、4市1町105棟 広島県まとめ、庄原で1人軽傷

広島県内の被災地、雨の合間に復旧作業 「また崩れてきたら…」募る不安

住民の絆、孤立耐える 安芸高田の印内集落15世帯、情報共有し励まし合う

中国地方、総雨量が記録的数値に 広島市安佐北区三入は平年の3倍超え

14年広島土砂災害被災地、また被害 安佐南区緑井地区

濁流の爪痕、恐怖今も 広島市安佐北区鈴張、大雨被害ルポ

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧