• トップ >
  • トピックス >
  • 中国地方、総雨量が記録的数値に 広島市安佐北区三入は平年の3倍超え

トピックス

中国地方、総雨量が記録的数値に 広島市安佐北区三入は平年の3倍超え

2021/8/16 22:26

 活発な前線が停滞している影響で、中国地方は広島県を中心に、16日までの総雨量が記録的な数値に達している。広島市安佐北区三入では500ミリを超え、8月1カ月分の雨量の平年値の3倍を超えるなど、各地で土砂災害の危険性が高い状況が続いている。

 気象庁によると、11日の降り始めから16日午後5時までの総雨量は、広島市安佐北区三入505・0ミリ▽広島市佐伯区湯来町484・5ミリ▽広島県安芸太田町内黒山473・5ミリ▽広島市中区433・0ミリ―など。このほか、岩国市羅漢山494・5ミリ▽周南市和田457・0ミリ▽島根県津和野町423・0ミリ―などとなっている。

 これらの観測地点では、8月1カ月分の平年値と比べ、2〜3倍を上回る記録的な雨量となっている。

 72時間雨量(16日午後5時時点)でみても、広島県内の観測地点がある33地点すべてで、2018年7月の西日本豪雨を超える観測史上最多、または8月の観測史上最多を記録した。

 広島地方気象台は、災害がいつ起きてもおかしくない危険な状況が続くため、厳重な警戒を呼び掛けている。(石井雄一)

【関連記事】

記録的雨量「厳重警戒を」 中国地方、再び大雨の恐れ

JR在来線、広島エリア終日運休 一部区間除く

住宅被害、4市1町105棟 広島県まとめ、庄原で1人軽傷

広範囲で土砂崩れ・浸水 広島都市圏、未確認の被害さらに

広島県内の被災地、雨の合間に復旧作業 「また崩れてきたら…」募る不安

住民の絆、孤立耐える 安芸高田の印内集落15世帯、情報共有し励まし合う

14年広島土砂災害被災地、また被害 安佐南区緑井地区

濁流の爪痕、恐怖今も 広島市安佐北区鈴張、大雨被害ルポ


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧