トピックス

記録的雨量「厳重警戒を」 中国地方、再び大雨の恐れ【動画】

2021/8/16 22:59

多治比川の決壊した箇所に土のうを積む作業員=16日午前10時48分、安芸高田市吉田町(撮影・胡子洋)

 中国地方は16日も雨が続き、降り始めからの総雨量は広島市安佐南区で600ミリを超えるなど、いつ大規模な災害が発生してもおかしくない危険な状態となっている。これまでに東広島市の80代男性の安否が分かっておらず、広島市安佐北区と安芸高田市でも行方不明者の情報がある。19日ごろにかけ再び大雨となる恐れがあり、気象庁は土砂災害などへ「厳重な警戒を」と呼び掛けている。

 気象庁によると、中国地方で17日未明から局地的に雷を伴った激しい雨が降る見通し。「広島県内で大雨特別警報を再び発表する可能性がある」としている。17日午後6時までの24時間雨量はいずれも多い所で山陽、山陰ともに200ミリ。その後の24時間雨量は山陽、山陰ともに100〜150ミリと予想する。

 同庁によると、広島市安佐北区三入では降り始めからの総雨量が500ミリを超え、8月1カ月分の平年値の3倍を上回った。また広島県によると、安佐南区山本で600ミリを超えた。

 大雨による被害状況も明らかになってきた。安芸高田市では70代男性が13日午前に車で自宅を出た後、行方不明になり、広島県警が災害に巻き込まれた可能性もあるとみて捜している。東広島市でも、行方が分からない志和町奥屋の男性(83)の捜索が続いた。

 住宅被害も増えている。広島市では14日夜から15日未明にかけ、西区で山際の住宅地2カ所に土砂が押し寄せるなど、住宅に被害が出た。広島県は16日午後3時時点、5市町で半壊、床上浸水など計105件の被害を確認した。

 島根県西部の江津市と川本、美郷町の6地区で氾濫した江の川下流では、16日午後6時までの各市町のまとめで、住宅や商業施設など24棟が浸水。多治比川の堤防が決壊した安芸高田市でも、土のうの積み上げなどの応急対策が続いた。

 ▽異常な降り方、危機感高めて 広島工業大地域防災減災教育研究推進センター長の渡壁守正教授(建築防災・減災)の話

 この雨の降り方は異常で、どこで災害が発生してもおかしくない。既に多くの箇所で地盤が緩み、これまで土砂災害が起きたことがない場所でも油断できない。これから悲惨な状況が起きると考え、危機感を高めてほしい。今すぐハザードマップで避難場所や経路を確認するべきだ。持ち出す防災グッズも準備が必要。夜間の災害発生も想定し、家屋の最上階の、山側と反対に位置する部屋で寝るなどの備えも重要だ。

【関連記事】

JR在来線、広島エリア終日運休 一部区間除く

住宅被害、4市1町105棟 広島県まとめ、庄原で1人軽傷

広範囲で土砂崩れ・浸水 広島都市圏、未確認の被害さらに

広島県内の被災地、雨の合間に復旧作業 「また崩れてきたら…」募る不安

住民の絆、孤立耐える 安芸高田の印内集落15世帯、情報共有し励まし合う

中国地方、総雨量が記録的数値に 広島市安佐北区三入は平年の3倍超え

14年広島土砂災害被災地、また被害 安佐南区緑井地区

濁流の爪痕、恐怖今も 広島市安佐北区鈴張、大雨被害ルポ


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧