地域ニュース

冠水は内水氾濫が原因 島根・川本町因原地区、パイピング現象確認

2021/8/18 16:00
大雨の影響で冠水した国道261号(15日、川本町因原)

大雨の影響で冠水した国道261号(15日、川本町因原)

 島根県川本町因原地区で14日午後から発生した過去最大規模の冠水は、上流域に降った大雨での江の川増水で、支流や用水路の水がはき出せずにあふれる「内水氾濫」が原因だった。現地でも降雨量が2日間で計229ミリに達し、排水ポンプの処理能力を上回った。川の水が堤防の下を通って地上に噴き出す「パイピング現象」も確認された。浸水した商業施設の一部が17日、再開した。
(ここまで 178文字/記事全文 779文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • パイピング現象で水が噴き出した跡が残る農地
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧