トピックス

もう犠牲出さない 広島土砂災害7年、決意新た【動画】

2021/8/20 23:52

犠牲者を悼み、被災地の公園で並べられたキャンドル(20日午後7時19分)

 広島市安佐南、安佐北両区で77人が犠牲になった2014年の広島土砂災害は20日、発生から7年となった。11日からの記録的な大雨で、被災地は再び土砂災害があり、多くの住民が避難した。「もう犠牲者を出したくない」。この日も時折強い雨が降る中、各地で追悼行事が営まれ、遺族や住民が祈りをささげて防災意識の向上を誓った。

 【写真】広島土砂災害7年 8月20日の被災地

 犠牲者65人の名前が刻まれた石碑がある梅林小(安佐南区八木3丁目)。梅林学区自主防災会連合会が献花台を設け、遺族や地域住民が手を合わせた。同連合会の菅原辰幸会長(74)は「あの日を思い起こすような大雨が続き、不安になった。地域で防災意識を高め続けたい」と誓っていた。

 【特集】広島土砂災害7年 定点写真など

 被災現場には未明から、遺族たちが次々と訪れた。行事はこの日夜まであり、同区緑井7丁目の公園であった追悼行事では、ツリー型のモニュメントに火をともしたキャンドルを並べ、祈りをささげた。

 犠牲者が出た同区緑井8丁目では、今月の大雨で再び土石流が起きた。災害を機に整備された砂防ダムが土砂を食い止めたが、ほぼ満杯状態となり、住民に不安が広がっている。ダムの下流では泥水が流れ込んだ住宅もあり、地元の町内会は急きょ追悼行事を取りやめた。松井一実市長も今回、追悼行事への出席や被災地での献花を見送った。

 広島土砂災害を受け、市がまとめた「復興まちづくりビジョン」のハード整備は、広域避難路や巨大雨水管など予定した101カ所のうち完了したのは61カ所(7月末時点)。災害に強いまちづくりは道半ばだ。

 広島地方気象台は24日ごろまで雨が降りやすい天気が続くとして、土砂災害などへの警戒を呼び掛けている。

 広島土砂災害は14年8月20日未明、線状降水帯による集中豪雨が同市を襲い、両区で土石流や土砂崩れが相次いだ。災害関連死3人を含む2〜89歳の77人が亡くなった。市内の被災世帯は4389世帯に上った。(文・石井雄一、江頭香暖、写真・田中慎二)


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧

  • 広電の車内で客同士トラブル、立町電停で30分停車 (10/24)

     24日午前11時半ごろ、広島市中区立町の広島電鉄の立町電停で、広島駅発宮島口行きの路面電車が乗客同士のトラブルで約30分間停車した。【関連】「要注意の高須踏切」高齢者や車の立ち往生相次ぐ 広島中央署...

  • 岡山県3人感染 24日新型コロナ (10/24)

     岡山県で24日、3人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。内訳は吉備中央町2人、岡山市1人。県内の感染確認は1万5252人となった。 【グラフ】岡山県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

  • 広島県5人感染1人死亡 24日新型コロナ (10/24)

     広島県内で24日、5人の新型コロナウイルス感染が発表された。また、県内の医療機関に入院していた感染者1人の死亡が確認された。【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況 県などによると...

  • 【速報】山口県4人感染 24日新型コロナ (10/24)

     山口県で24日、新たに4人の新型コロナウイルス感染が確認された。居住地は防府市2人、山口市と山陽小野田市が各1人。 【グラフ】山口県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

  • 無人の焼き肉店を全焼 尾道市向島町の住宅街【動画】 (10/24)

     24日午前8時5分ごろ、尾道市向島町、焼き肉店「ミナミ」から出火、鉄骨2階建ての同店を全焼した。尾道署によると当時、同店は無人で、けが人はなかった。現場は市向島支所の西のスーパーなどが立ち並ぶ住宅街...