トピックス

山口県和木町長に米本氏 無投票で3選

2021/8/24 22:14

無投票で3選が決まり、自宅前で支援者とグータッチをする米本氏

 任期満了に伴う和木町長選挙が24日告示され、無所属現職の米本正明氏(60)以外に立候補はなく、無投票で3選した。同町長選の無投票は2005年から5回連続となった。

 午前9時、自宅前で出発式を開いた米本氏は「新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ町の活性化に取り組み、皆さんが住んで良かったと思えるまちづくりを進めたい」と第一声を上げた。その後、選挙カーで夕方まで町内を回った。街頭演説は行わなかった。

 無投票当選が決まった午後5時から、自宅前に支持者たちが集まり当選報告会を開いた。米本氏は「3回とも無投票で住民の選択肢がなかったことは厳しいが、責任の重さを感じている。やらなければならない課題に一つずつ取り組む」と述べた。

 町では、独自に進めてきた高校生までの医療費無償化など子育て支援策を、米軍岩国基地への空母艦載機移転に伴う再編交付金に頼っており、維持、拡充のための財源確保が急がれる。また、築45年と老朽化した学校給食センターの建て替えや町役場の防災機能の強化、下水道の改修なども喫緊の課題となっている。(黒川雅弘)

 米本 正明(よねもと・まさあき)氏 85年に建設会社を設立。99年の町議選で初当選し、副議長、議長などを歴任した。13年、4期目途中で辞職し、町長に初当選。和木。国学院大卒。

 米本町長の話 老朽化した学校給食センターの建て替えや簡易水道、浄水場の改築などに取り組む。使える補助金を検討し、できることから一つずつやっていく。米軍岩国基地の騒音問題については近隣市町と協力し、町民の安心安全に向け努力する。 


この記事の写真

  • 無投票で3選が決まり、花束を受け取る米本氏(24日午後5時7分、和木町和木の自宅前)
  • 無投票で3選が決まり、支持者たちと万歳する米本氏=中央(24日午後5時6分、和木町和木の自宅前)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧