地域ニュース

サカスタと被爆遺構「両立へ再考を」 被団協など広島市に要望書

2021/8/24 23:04
輜重隊施設の被爆遺構が見つかった、中央公園広場の発掘現場。中央の石畳は、軍馬に水をやる水槽施設の跡とみられる

輜重隊施設の被爆遺構が見つかった、中央公園広場の発掘現場。中央の石畳は、軍馬に水をやる水槽施設の跡とみられる

 サッカースタジアム建設予定地の中央公園広場(広島市中区)で出土した旧陸軍の輸送部隊「中国軍管区輜重(しちょう)兵補充隊(輜重隊)」施設の被爆遺構を巡り、二つの広島県被団協を含む広島の被爆者6団体などは24日、市に要望書を提出し、遺構の一部を切り取って移設する方針を再検討するよう求めた。

【動画】見つかった被爆遺構

 要望書は遺構を「国史跡級」と評価する専門家の声に触れ、「全面的な保存・活用とスタジアムの両立策を望む声が大きくなっている」と強調。(1)市が示した厩舎(きゅうしゃ)の床面など3カ所を切り取る方針の説明会の開催(2)幅広い専門家の意見聴取(3)遺構の上にスタジアムを建てて保存活用と両立させる工法を探るなどの再検討―などを促している。

 ▽市の説明に疑問の声続出
(ここまで 328文字/記事全文 634文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧