地域ニュース

「山口弁オペラ」上演へ熱 フィガロの結婚を初めて「翻訳」、山口で9月25・26日

2021/8/25 15:59
山口弁のオペラを練習する浜田さん(奥右)たち。森川さん(手前右)が言い回しをチェックする

山口弁のオペラを練習する浜田さん(奥右)たち。森川さん(手前右)が言い回しをチェックする

 モーツァルトのオペラを山口弁で上演する「山口弁によるフィガロの結婚」が9月25、26日、山口市のニューメディアプラザ山口である。オペラを身近に感じてもらおうと、山口県内の音楽教師たちでつくる「山口室内オペラ工房」が方言研究家の協力を得て初めて山口弁に「翻訳」した。本番に向けて練習を重ねている。
(ここまで 148文字/記事全文 689文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧