• トップ >
  • トピックス >
  • 校外活動を中止か延期 広島県が学校へ要請 文化・体育祭はリスク回避求める 緊急事態宣言

トピックス

校外活動を中止か延期 広島県が学校へ要請 文化・体育祭はリスク回避求める 緊急事態宣言

2021/8/25 23:15

広島県教委が入る県庁東館

 広島県は25日に決めた緊急事態宣言に伴う対策で、高校の部活動を原則休止するなど学校への要請項目を盛り込んだ。期間は27日から9月12日までとする。

 高校の部活動は、大会やコンクールを除いて原則休止とする。幼稚園や小中高校には、修学旅行など校外の活動を中止か延期する▽文化祭・体育祭では、飲食物の提供や騎馬戦といった感染リスクの高い活動をしない―よう要請する。

 小中学校では分散登校や臨時休校をする際にオンライン授業ができるよう、県教委が市町教委の担当者や教職員を支援する。

 24、25の両日に聞いた専門家の意見を踏まえた。県教委によると、期間中に修学旅行を予定している県立校は高校3校、特別支援学校4校で、いずれも延期などを検討しているという。

 併せて県教委は4月1日〜8月23日、感染経路が学校内だった事例が7件あり、14人が感染したと公表した。5人が確認された事例は、同じ部屋での昼食時の感染が疑われるという。

 平川理恵教育長は記者会見で、今後も感染者が増えて医療提供体制が切迫した場合、さらなる対策を取る可能性を示した。「感染が怖くて学校に行かせたくないという保護者の気持ちは分かるが、子どもが家にずっといるのも現実的ではない。柔軟に対応したい」と話した。(中川雅晴) 

【関連記事】

広島県、大型施設の時短を要請 緊急事態宣言受け、入場者整理も

「ワクチン優待」飲食店やホテルに広がる 未接種者への配慮が課題

福山市立小中、1日から分散登校 オンライン学習併用

家族に症状で出席扱い休み 鳥取県と県教委 新型コロナ

【詳報】広島県内は354人、25日新型コロナ 8月累計4687人で月間最多に


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧

  • 参院比例、自民・竹内氏が繰り上げ確定 前鳥取市長 (10/20)

     2016年の参院選比例代表に自民党から立候補し次点で落選した前鳥取市長の竹内功氏(69)の繰り上げ当選が19日、確定した。同党の高階恵美子参院議員(比例)が衆院選比例中国ブロックに立候補し、公選法に...

  • 中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数 (10/19)

     中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況【グラフ】山口県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況【グラフ】岡山県の新型コロナウイルス感染者...

  • 河井元法相、実刑確定へ 控訴取り下げの意向 大規模買収事件 (10/19)

     2019年の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)の罪に問われ、東京地裁で懲役3年、追徴金130万円の実刑判決を言い渡された元法相の元自民党衆院議員河井克行被告(58)...

  • 島根県津和野町長選告示、現新が一騎打ち (10/19)

     任期満了に伴う島根県津和野町長選が19日告示され、新人で元会社役員の松本亨氏(54)と、4選を目指す現職の下森博之氏(56)の2人が、いずれも無所属で立候補を届け出た。24日投開票される。

  • 島根県吉賀町長選、岩本氏が無投票再選 町議選も無投票 (10/19)

     任期満了に伴う島根県吉賀町長選と町議選(定数12)が、19日告示された。町長選は無所属現職の岩本一巳氏(61)のほかに立候補がなく、2017年の前回から2回連続の無投票で再選を決めた。町議選も定数と...