地域ニュース

中国地方7月求人倍率0・03ポイント減 山口・島根・鳥取は改善(2020年9月1日掲載)

2020/9/1 21:56

 厚生労働省が1日発表した中国地方の7月の有効求人倍率(季節調整値)は1・35倍で、前月より0・03ポイント下がった。新型コロナウイルスの感染拡大などが影響した。県別は広島、岡山が下がった一方、山口、島根、鳥取は上がった。

 広島は1・35倍と0・08ポイント下がり、9カ月連続のマイナス。正社員の有効求人倍率(原数値)は6月と同じ0・97倍で2カ月続けて1倍を切った。
(ここまで 184文字/記事全文 459文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧