• トップ >
  • >
  • ハザードマップ「確認」9割 中国地方調査、自宅周辺の防災に関心高まる

トピックス

ハザードマップ「確認」9割 中国地方調査、自宅周辺の防災に関心高まる

2021/8/31 23:17

 防災の日の1日に合わせ、中国新聞は中国地方の読者たちを対象に防災に関するアンケートを実施した。自宅周辺のハザードマップを「確認したことがある」と答えた人は90・7%に上った。2014年の広島土砂災害、18年の西日本豪雨など自然災害が相次ぐ中、防災への関心が高まりつつある実態が浮かぶ。

 中国新聞の会員組織「ちゅーピーくらぶ」に登録する読者たち8万6202人に協力を呼び掛け、8月30、31両日にインターネットでアンケートを実施。2644人から回答を得た。

 自宅周辺のハザードマップを確認したことがあるかについて、「ある」と回答した人は90・7%の2397人、「ない」は9・3%の247人だった。
(ここまで 298文字/記事全文 965文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事