トピックス

【詳報】島根県30人感染、2桁は23日連続 1日新型コロナ

2021/9/1 18:28

島根県庁

 島根県と松江市は1日、30人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。居住地は出雲市12人、松江市11人、浜田市4人、大田市2人、益田市1人。松江市立小学校2校では、学校関係者計3人の感染が判明した。2桁の感染発表は23日連続となった。

 松江市教委によると、感染者の判明した1校は1〜3日を一部休校とし、もう1校は、濃厚接触者の調査のため1日を全校休校、2、3日を一部休校とした。両校とも校内で広がる恐れはないという。市立小学校では8月29日以降、2学期が始まった4校で計5人の感染が分かり、一部休校となった。

 県感染症対策室によると、出雲市の感染者のうち、4人はクラスター(感染者集団)が発生した放課後児童クラブの利用者か職員で、計12人に広がった。児童クラブは4日まで受け入れを停止しており、感染した児童たちが通う市内の小学校は3日まで休校となっている。

 このほか、県内では松江市を含め18人がこれまでの感染者の接触者だった。いずれも軽症か無症状で、不特定多数と接触のある行動歴はなかった。松江市では家庭内で計5人の感染も判明した。

 また中国電力は、浜田市の三隅発電所で2号機建設工事を担う請負会社の作業員2人が新たに感染したと発表した。中電が8月23日以降に発表した同発電所の感染者は計63人となった。

 1日夕時点の入院者数は152人(重症者1人)で、確保病床(324床)の使用率は46・9%となっている。宿泊療養28人、自宅療養は48人。(寺本菜摘) 


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧