地域ニュース

三原だるま、若者が継承 広島県信組支店3人、保存団体に弟子入り

2021/9/1 21:00
鳥生さん(右端)の指導を受け、だるま作りを学ぶ3人

鳥生さん(右端)の指導を受け、だるま作りを学ぶ3人

 作り手が高齢化している三原市の伝統工芸「三原だるま」の継承に、市内の金融機関の若手職員3人が乗り出した。支店でだるまの展示会を開いたのを機に、保存団体に弟子入り。「地域の伝統をつなぎたい」と意気込む。

 3人は広島県信用組合三原支店(宮沖)の10〜20代の男女職員。休日に佐木島にある「三原だるま保存育成会」の工房を訪れ、鳥生(とりゅう)悦郎代表(80)が指導する。初めて指導を受けた8月下旬は、木や石こうの型に和紙を貼り合わせ、水性塗料で着色する工程を学んだ。山田桃花さん(19)は「想像以上に手が込んでいて驚いた。りりしい表情が再現できるようになりたい」と話す。

 支店で4月に市内の寺院から全国のだるまを借りて展示会を開いた際、三原だるまへの関心を高めた。保存育成会の会員7人は60〜80代。後継者もいないと知り、継承を申し出た。
(ここまで 367文字/記事全文 732文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧

  • ホテル・旅館に支援金 廿日市市が方針、売り上げ減の業者へ

     廿日市市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い売り上げが減少したホテルや旅館などの宿泊施設に支援金を出す方針を固めた。宮島をはじめとする観光関連の事業者を支援する狙いで、広島県内では初の試みという。...

  • 被爆者認定、早期改定を 「黒い雨」原告ら、広島県・市に要請

     広島への原爆投下後に降った「黒い雨」を巡る訴訟で原告84人全員を被爆者と認めた広島高裁判決の確定や政府方針を受け、原告団などは1日、原告以外の黒い雨被害者への被爆者健康手帳の交付に向けて早期に認定基...

  • 「レベル3」時に同窓会総会出席 浜田市長

     浜田市の久保田章市市長が、市内の一部にレベル3の高齢者等避難を出していた8月14日午後に、浜田高(黒川町)であった同窓会総会に出席していたことが1日、分かった。久保田市長は「当時の雨の状況などから判...

  • 居眠り事故に注意を 徳山海保が呼び掛け

     居眠り海難防止運動期間が始まった1日、徳山海上保安部は、山口市から山口県上関町までの管内の岸壁に係留する船舶などに安全な航行を呼び掛け始めた。秋から冬にかけて船内が暖まり居眠りによる海難事故が起こり...

  • お得ポイント、愛称を募集 広島・山口25市町で使用OK

     広島市は1日、広島、山口両県の25市町での買い物などで使える「広島広域都市圏ポイント」で、愛称の募集を始めた。締め切りは21日で、誰でも3点まで応募できる。応募者には計10万ポイントをプレゼントする...