• トップ >
  • >
  • 「総裁選 予定通り実施を」中国5県の自民県連幹部要求 野党は衆院選へ身構え

トピックス

「総裁選 予定通り実施を」中国5県の自民県連幹部要求 野党は衆院選へ身構え

2021/9/1 22:16

 自民党総裁選と次の衆院選に絡んで政局が混迷した1日、中国地方5県の自民党県連の幹部は、任期満了に伴う総裁選の着実な実施を求めた。先立つ党役員人事に懐疑的な見方も出た。野党の県組織幹部は自民党内の動きを冷ややかに見つつ、新型コロナウイルス対策をはじめ、4年間の自公政権の是非を問う衆院選に身構えた。

 【関連記事】衆院選との同日選懸念 広島知事選や呉市長選 各選管、準備も

 自民党総裁選へ立候補する岸田文雄前政調会長(広島1区)が会長を務める広島県連。中本隆志会長代理は「総裁選は29日に予定通りやるべきだ」と述べ、衆院選前のリーダーの選び直しが不可欠とした。役員人事についても「新総裁の下で決めるべきで、要らんことよ」と異を唱えた。

 総裁選を巡っては、山口県連の友田有幹事長が「淡々と進めたい」、岡山県連の天野学幹事長が「党員のさまざまな意見を吸い上げるという意味でやるべきだ」と言及した。

 ▽国民にどう映るか…
(ここまで 406文字/記事全文 1138文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事