地域ニュース

モーモー物産館11月再開へ 庄原市口和の交流拠点施設 新たな指定管理者決まる 

2021/9/3 19:58
新たな指定管理者が決まり、11月に再開見通しとなったモーモー物産館

新たな指定管理者が決まり、11月に再開見通しとなったモーモー物産館

 指定管理者の経営破綻で3月から休館している庄原市の交流拠点施設モーモー物産館(口和町大月)が11月、8カ月ぶりに再開する見通しになった。新たな指定管理者に3日、地元の廃タイヤ処理業セルダムコーポレーション(同)が決定。飲食提供と農産品販売の業態を継続する。

 市議会がこの日開会した定例会本会議で、同社を指定管理者とする議案を全会一致で可決した。指定管理の期間は11月1日から2024年3月31日までの2年5カ月間。屋外トイレ、駐車場を含む施設の管理運営に対する同期間の指定管理料は計約816万円を上限とする。モーモー物産館の名称は変わらない。

 ▽軽食や地元野菜の販売も…
(ここまで 280文字/記事全文 647文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧