トピックス

大雨で広島県内のJR在来線が始発から乱れる

2021/9/4 13:00

JR西日本広島支社

 3日夜から4日にかけて降った大雨の影響で、広島県内のJR在来線は4日の始発から乱れた。芸備線や福塩線などの一部区間で運転を一時見合わせた。不通区間は4日午後3時すぎには全て解消される見通し。

 JR西日本広島支社と岡山支社によると、芸備線広島―備後落合間、福塩線の全線、山陽線の糸崎より東の区間で始発から運転を見合わせた。午前8時以降、線路の安全を確認して順次運転を再開した。福塩線府中―三次間は午後3時すぎまでに上下線で運転を再開できる見込み。

 山陽線八本松―三原間や呉線広―大乗間では始発から徐行運転が続いた。広島―糸崎間では上下11本が運休するなどし、約5500人に影響が出た。呉線広―竹原間でも上下7本が運休するなどし、約2300人に影響が出た。

【更新】JR芸備線、正午すぎから運転再開 午後から福塩線も 


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧