地域ニュース

次世代かがり火、LED導入探る 三次の鵜飼い鵜匠、地元業者と試行重ねる

2021/9/4 20:52
LEDのかがり火を試作する中島さん

LEDのかがり火を試作する中島さん

 三次市の伝統漁法で広島県無形民俗文化財の鵜飼(うか)いに用いるかがり火に発光ダイオード(LED)が使えるか、鵜匠たちが可能性を探っている。大正時代からかがり火に使っているカーバイドの供給が将来的に細る可能性があるため。同市内の電気設備会社とともに実用化に向け、試行を続けている。
(ここまで 140文字/記事全文 670文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • カーバイドランプの代わりにLEDをかがり火に使った鵜飼い
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧