トピックス

有効期限切れワクチン72人に誤接種 松江市内の医療機関

2021/9/6 20:38

松江市役所

 松江市は6日、新型コロナウイルスワクチンの個別接種を担う市内の医療機関で、有効期限が切れたワクチンを10〜80代の72人に誤って接種したと発表した。現時点で健康被害は報告されていないという。

 1、3、4日の3日間、期限が8月31日までのファイザー製のワクチンを使った。市によると、医療機関は期限が記された情報提供シートと配送情報を管理する「ワクチン接種円滑化システム(V―SYS)」の照合を、システムの改修中で実施していなかった。

 また市は、通常は期限が1カ月以上あるワクチンを配送するが、今回は医療従事者などの接種で余った分を配送。期限まで1週間しかなかったという。足立保健康部長は「同じ事案が発生しないよう注意喚起をしていく」とした。 

「ワクチン打つと…」こんなデマにご注意 新型コロナ

ワクチンのファイザー製とモデルナ製どう違う

コロナワクチン、注射の痛みは? 接種済みの医療従事者に聞いた

ワクチン「接種しない自由がある」


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧