地域ニュース

定数議論、10カ月ぶり再開 呉市議会、21年度内決着目指す

2021/9/6 21:01
定数についての議論を再開した呉市議会の議運(2日)

定数についての議論を再開した呉市議会の議運(2日)

 呉市議会(定数32)は適切な定数についての議論を、9月定例会の議会運営委員会で約10カ月ぶりに再開した。2019年春の改選を経た同年9月に始めた議論は当初、20年度末までに結論を出す方針だったが、新型コロナウイルスの感染拡大などを理由に延期。各会派の意見が依然分かれる中、本年度内の決着を目指す。

 議会事務局によると、19年6月時点で、呉市を含む全国の中核市の議員定数は平均で37・2、呉市が該当する人口20万〜30万人の市では同31・1。現在の各会派の意向は、「削減」が誠志会(7人)や公明党(4人)など13人、「現状維持」が仁友会(7人)や市民フォーラム(3人)など12人、「増員」が1人。同志会(6人)は「よく議論して決めるべき」だとして態度を保留している。

▽議員報酬は…
(ここまで 340文字/記事全文 724文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧