地域ニュース

核兵器廃絶へ思い新た 赤十字国際委のサビオ駐日代表が広島訪問、被爆者の切明さんと交流

2021/9/6 23:00
旧陸軍被服支廠前で切明さん(右)の話を聞くサビオ駐日代表(左)

旧陸軍被服支廠前で切明さん(右)の話を聞くサビオ駐日代表(左)

 赤十字国際委員会(ICRC)のレジス・サビオ駐日代表(54)が6日、広島市を訪れ、被爆者の切明(きりあけ)千枝子さん(91)=安佐南区=と交流した。市内最大級の被爆建物「旧陸軍被服支廠(ししょう)」(南区)を一緒に訪れ、救護所となった建物の惨状などを聞いた。紛争解決や平和構築を進めるICRCの国内トップとして核兵器廃絶への思いを新たにした。
(ここまで 172文字/記事全文 665文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧