地域ニュース

アユ漁に大雨の爪痕 濁ったまま水位下がらず/たまる土砂が成育妨げ【太田川 恵みと営み】

2021/9/9 22:59
上流から運ばれた砂が滞留している太田川。濁りが消えず、山中組合長はアユ漁への影響を危惧する(2日)

上流から運ばれた砂が滞留している太田川。濁りが消えず、山中組合長はアユ漁への影響を危惧する(2日)

 広島市や広島県安芸太田町を流れる太田川のアユ漁に、8月からの雨の影響が広がっている。お盆前後の長雨が終わっても、川は濁ったままで水位が下がらず、9月初めまで出漁できない日が続いた。川にたまる土砂がアユの成育を妨げるとの懸念もあり、漁業者からは不漁を危惧する声が漏れる。

【特集】太田川 恵みと営み

 「川が増水したままで、網を入れられない」。太田川でアユ漁をする広島市安佐北区の竹本信彦さん(83)はうつむく。

 ▽アユが食べるコケの石も流され…
(ここまで 221文字/記事全文 881文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧